HGIBOから「ガンダムバルバトスルプスレクス」のレビューです。


『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ。
三日月・オーガスの搭乗機。
火星のクリュセ近郊におけるハシュマルとの戦闘でダメージを負ったバルバトスルプスを、歳星のMS工房で改修した姿。
MSとの一体化の一途を辿る三日月の戦闘データに合わせ、機体の反応速度を理論値の限界まで高めることに成功。
フレームの各部関節の挙動は、パイロットの肌感覚に一致させる繊細な調整が取られている。
三日月の戦闘スタイルをより直感的に実現させるため、両腕部は獣のように伸長。
背部にはハシュマルの装備を流用したテイルブレードを装備し、以前にも増して獰猛なシルエットに進化を遂げた。

ではレビューは下からどうぞ。




パケ横。



付属品一覧。

・超大型メイス
・メイス用ジョイントパーツ
・テイルブレード用リード線
・平手(左右各1)
・スタンド接続パーツ




プロポーションをグルリと。

兎にも角にも腕の存在感ですね。
あとテイルブレードが物凄く後ろに飛び出しています。





各所アップ。

フレームはルプスと同じタイプ。
腕部の巨大化に伴う肩周りの関節強化の関係で、胸部や上腕フレームは新規パーツを使用。
外装はルプスと共通する部分がわずかしかないので、全て新規ランナーになっています。

シール使用箇所は目、肩、膝、ふくらはぎ側面、つま先、踵、テイルブレード。
つま先の爪の存在感が大きいためか、HGでもようやくシール対応されました。
ルプスで売りにしていた肩の鉄華団マークのパーツ割りは、こちらでは襟元で使用。



ルプスと。

ヒロイックだったルプスから一転、ゲテモノ感の漂う最終形態に。


以下、可動範囲の紹介。


首の可動。

2重ボールジョイント接続。

襟元に装甲があるので顎が少し引きにくいですが、不満を感じるレベルではないですね。



胴の可動。

胸部が前後スイング、腰部がボールジョイント接続。



肩・腕の可動。

肩は根元が上方スイング+ボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。
肩アーマーが上下スイング、赤い部分が引き出し+上方スイング。
腕が大きいですが、肩のボールジョイントも大きな物に変わったので保持力は問題なし。
可動域も高可動を保っています。

肘がスイング。

手首がボールジョイント接続。



腰部アーマーの可動。

フロントが中央連結の切り離すことでボールジョイント接続。
サイドが軸接続+上下スイング。

サイドが普通のデザインに戻り、ルプス唯一の欠陥のイライラが解消されました。




下半身の可動。

股関節は軸が前後スイング、腿が軸接続+上下スイング+軸回転。
開脚も腿上げも問題なし。

膝が2重スイング。

足首が左右スイング+ボールジョイント接続+左右スイング、つま先がスイング。


総評。 肩周りの関節強度もちゃんと考えられていますし、全体的に問題なく良く動くますね。
ルプスのサイドアーマー問題も解消されましたし。


以下、ギミックや付属品の紹介。


ルプスと同じタイプのスタンド用延長パーツが付属。
やはり軸が長めの物でないと使いにくいです。





テイルブレード。

基部がスイング。

リード線は太い物になっており、ブレードをスタンド補助せずとも好きな角度で飛ばせます。
あえて小言を言わせてもらうと、ブレードへの接続部分が1つしかなく、いちいちリード線を抜き差しするのが煩わしい。
こんな小さなパーツ1つぐらい余分に付けてくれても。



サブアーム。

腕裏のカバーを開いて展開。
基部が2軸、中間で1軸可動。



手も武器の1つということで、今回は平手がデフォルトで付属。
さすがに爪までグレーですが。




超大型メイス。

グリップが伸縮。
パイルバンカーのギミックはなし。
前述の通り肩周りの関節がしっかりしているので、片手でも余裕で持てます。

リアアーマーにジョイントパーツを取り付けてマウント可能。


以下、適当にポージング。















この平手の存在と、スタンド補助の要らないテイルブレードが最高ですね。



鉄華団の悪魔。



1期ではあれだけ目の敵にしてたのに、2期で戦ったのは結局あの一戦だけだった。



バルバトスの歴史。

4クール通してこれだけデザインが変化した主人公機は初めてですね。


以上、HGIBOのルプスレクスのレビューでした。

バルバトスの最終形態となったルプスレクス。
なんといっても目を引く異質なプロポーションが最大の特徴。
可動面はルプスの不満点も解消され、最後まで高可動。
武装は超大型メイス1つながら、本体に武装が色々とありプレイバリューも申し分なし。
最終形態に相応しい満足度でした。


ブログ記事元へ(別窓)
TOPページへ(別窓)