HGUCから「アンクシャ」のレビューです。


『機動戦士ガンダムUC』に登場するモビルスーツ。
地球連邦軍からの委託を受け、アナハイム・エレクトロニクス社が開発した量産型TMS。
過去に連邦軍のオークラント研究所で開発されたアッシマーのデータを基に再設計が行われた後継機であり、
全体のシルエットや変形シークエンス、円盤状のモビルアーマー形態への変形によって
大気圏内での高次な単独飛行能力を有するなど、同様のコンセプトを持った機体となっている。
整備効率と生産性の両立からジェガン系との内装部品規格の共通化がされている。
更に連邦軍の要求でリゼルと同様に僚機を運搬するサブ・フライト・システムの機能も搭載。

ではレビューは下からどうぞ。




パケ横。



付属品一覧。

・ビームサーベル×2
・MA用スタンド接続パーツ
・MA用スタンド連結パーツ
・SFS用グリップ×2
・SFS用マウントパーツ
・スタンド
・持ち手(左右各1)




プロポーションをグルリと。

イラストから比べると全体的に細いですかね。
雰囲気はアッシマーの全身に追加装備を乗せた感じ。







各所アップ。

アッシマーの後継機とはいえ、全パーツ新規造形です。

頭部バイザーはクリアーパーツ。
内部がグリーンなのでかなり暗いです。
見えにくいですが内部カメラも存在。

全身の白い部分とダクト内部は全てシール再現。



ガンダムと並べて。


以下、可動範囲の紹介。



首の可動。

根元が引き出し可能な軸接続+頭部接続がボールジョイント+前方スライド。

特徴的な頭部の形状が可動に与える影響を緩和する為に独自の構造が用いられています。
上に引き出せることで上を向いたり傾けたり出来ますし、
前に引き出せることで下を向くことも可能。



胴の可動。

腰部が軸接続。

ここは回転のみ。



肩・腕の可動。

肩は根元が上下スイング+前後スイング、上腕が軸接続+上下スイング+軸回転。
肩アーマーは上腕に取り付けられ、2軸スイングで上に上げたり、外に開いたりできます。

肘は単純スイング。

手首はボールジョイント接続。
軸が少し長いのでわずかに引き出し気味に可能。



腰部アーマーの可動。

フロントアーマーは中央連結の分割可能なボールジョイント接続。

サイドアーマー(?)は腿側面にボールジョイント接続。




下半身の可動。

股関節はボールジョイント接続。
本当にビックリするぐらい開きません。
ボールジョイント関節だからというより腿のデザインの問題ですね。

膝は二重スイング。

足首は上下スイング+ボールジョイント接続+左右スイング。
つま先がスイング。
前後は動きますが、左右は最早固定と言ってしまっても差し支えないほど。


総評。
上半身はかなり良かったと思います。
アッシマー系の最大の問題の頭と肩の可動干渉が見事に対処されているので。
ただ股関節と足首は動く・動かないで語るレベルですら無い(苦笑



立て膝はデザイン的にバランスが難しいですが可能。



UC系では割とやっている股関節の引き出し工作を使用。
オリジナルよりかは確実に動かせますが、どうしても腿上部の干渉により限界が。
ちなみに今回は軸の周りのピンは大して影響が無いので削る必要はありません。


以下、仕様や武装の紹介。


スタンドはアッシマー付属のものではなく、この簡易タイプが付属。
まぁこれに対応しているおかげで汎用的な3mm軸でありがたいですけどね。



バックパックのバインダーは上下スイング、先端のウイングがスイング。

スラスターは左右独立してスイング。



ムーバブル・シールド・バインダーは軸接続+スイング。
更にスライド機構があり前後に位置が変えられます。



ビーム・サーベル。

2本付属。
サーベル刃は1/100サイズの物で、機体とのバランスがちょうど良い感じ。
膝アーマーへの格納などのギミックは無く完全に独立です。


以下、MA形態の紹介。





まず上半身と下半身に分離。

上半身は胸部を開き、中央のパーツと手とムーバブルシールドバインダーを取り外し。
バックパックとバインダーが一直線になるように開く。
肩アーマーを閉じ、前腕の穴とバックパック側面のピンで固定。
頭部を90度回し、左右に開いて位置調節。

下半身は股のパーツを前方へ。
股関節から下を後方へ上げ、つま先を閉じ、サイドアーマーのウイングを開く。

あとは胸部の穴に下半身を取り付ける。
ムーバブルシールドバインダーは銃口を前方に向けて取り付け、前方側にスライドさせておきます。
まぁこれは抜き差ししなくても変形は出来ますけどね。







MA形態。

差し替え変形なのでキレイにまとまってます。
MS同様にアッシマーから色々と増えてますね。



変形時にスタンド接続用のジョイントを取り付けることが出来ます。
これはアクションベース1に対応。
何故か付属のスタンドに連結する為のパーツまで付属。
別に付属のスタンドは股の軸穴がそのまま使えるのでいらないんですけどね(苦笑
軸が折れる可能性がとか考えたんでしょうか。



上部にグリップと本体固定パーツを取り付けることで、サブ・フライト・システムとして使用可能。


以下、適当にポージング。












アッシマー系の変形機構はガウォークみたいに出来るのが好き(笑



・・・だった人たち(笑

SFSはサイズさえ合えば股に3mm軸穴のある物なら何でも乗せられます。
そっちで固定するので別にグリップを握れなくても問題なし。


以上、HGUCのアンクシャのレビューでした。

アッシマーの正統な後継機。
出来はまぁ良い所と悪い所が混在といったところでしょうか。
パーツ割は白成型が欲しかったとも思いますがHGUCではこんなものかな。
可動はとりあえずアッシマーよりも進化しているので良しとします。
付属品は手持武装がサーベルしかないので、平手があったら良かった。
変形機構はHGなんかで完全変形やって不具合がでるぐらいなら差し替えで十分です。


ブログ記事元へ(別窓)
TOPページへ(別窓)