S.H.フィギュアーツから「シャドームーン」のレビューです。


『仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』に登場する改造人間。
ゴルゴムの創世王となるべく秋月信彦が改造された姿。
体内にキングストーン「月の石」を持つ。
BLACKと互角のパワーを持ち、シャドービームやサタンサーベルを駆使して戦う。

2010年の魂フィーチャーズにおけるリアルタイムアンケートS.H.F部門で1位を獲得し堂々の立体化。

ではレビューは下からどうぞ。



パケ裏と内パケ。



付属品一覧。

・サタンサーベル
・シャドーサーベル(長)
・シャドーサーベル(短)
・持ち手(左右各1)
・平手(左右各1)



プロポーションをグルリと。

実際のスーツと比べてどうかってのはわかりませんが、いつものフィギュアーツのスリム体系です。
メカメカしいデザインが非常にカッコイイ。

そういえばアーツライダーで完全な敵キャラの一般販売って初めてですね。






各所アップ。

目とバックルにはクリアーパーツを使用。
足は非ダイキャスト。
肘のトゲは軟質素材、踵のトゲは硬質素材。

元のデザインを知らないのであれですが、比較的全身キッチリ作られていますかね。
塗装精度も問題ない感じ・・・と言いたい所ですが若干気になる所が。
左足に恐らくどこかにぶつけたような塗装剥げと、足裏にシルバーが飛んでる(苦笑


以下、可動範囲の紹介。


首の可動。

根元ボールジョイント、頭部接続スイング式ボールジョイント。

下を向くのは制限がありますが全体的な可動域は広いです。



胴の可動。

胸下部と腰部の二箇所ボールジョイント。

前後左右と非常に良く動きます。
腰はベルト部の下で動くので捻りも可能。



肩・腕の可動。

肩は球体可動、上腕上下スイング+軸回転。
肩アーマーは上腕外側にボールジョイント接続。
肩を広げすぎると胴との干渉で肩アーマーが外れてしまいます。

肘は二重関節。
上部の銀のリング部分が軟質素材で独立しているので、可動の干渉を若干和らげています。

手首はスイング式ボールジョイント接続。





下半身の可動。

股関節は軸上下スイング+ボールジョイント接続、腿軸回転。
180度開脚に90度以上の腿上げと広め。

肘は二重関節。

足首はスイング式ジョイント接続。
つま先スイング。
踵のトゲがスイング。


総じて文句なしの非常に優秀な可動域です。
ライダーとは異なっているデザインならではの可動に対する配慮などもあり。
本当にシャドームーンとオーズシリーズが同じカテゴリーから出ているとは思えない。


立て膝は問題なし。


以下、武装の紹介。


サタンサーベル。

刀身にクリアーパーツを使用。
柄の装飾もキッチリされており良い出来です。
持ち手も問題なし。



シャドーサーベル。

こちらもサタンサーベル同様のクオリティでキッチリ作られています。


以下、適当にポージング。












平成ライダーじゃ当たり前となった両足キックをするそうな。



ディケイド、クウガには圧倒的な強さを見せたものの・・・。


顔見せで現れたWには見事なやられっぷり。

この噛ませ犬的扱いでWが嫌いになった人もいるとかいないとか(笑


以上、フィギュアーツのシャドームーンのレビューでした。

さすがアンケート1位といったクオリティですかね。
プロポーションに造形と非常に良く、大事な可動面もバッチリ。
まぁうちのは固体差で若干塗装が残念なことになってましたが(苦笑
シャドームーン自体を良く知らない人間でも十分すぎるぐらい満足できました。
本当に常にこのクオリティを保って作ってくれればいいのに・・・。


ブログ記事元へ(別窓)
TOPページへ(別窓)