S.H.Figuartsから「仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ」のレビューです。


『仮面ライダー鎧武』に登場するアーマードライダー。
主人公、葛葉紘汰が変身した姿。
戦極ドライバーにカチドキロックシードを装填して変身した、鎧武の強化形態。
全身を重装甲の鎧で包み、あらゆる攻撃を受け止め無効化する突出した防御力を誇る。
アームズウェポンである火縄大橙DJ銃は威力や発射速度を調整可能な万能型の大型銃であり、
また無双セイバーと合体させることで巨大な大剣としても使うことが出来るなど攻撃力も大幅に向上している。

ではレビューは下からどうぞ。



パケ裏と内パケ。



付属品一覧。

・カチドキ旗×2
・カチドキ旗マウント用グリップ×2
・火縄大橙DJ銃(銃モード)
・火縄大橙DJ銃(大剣モード)
・カチドキロックシード
・持ち手A(左右各1)
・持ち手B(左右各1)
・平手(左右各1)



プロポーションをグルリと。

全身鎧でゴテゴテの超重量級。
頭部の兜デザインも、もう大将クラスまで上りつめました。





各所アップ。

今回も素体部分は鎧武オレンジからの物ですが、ジンバーよりも頭部に腕部と新規造形部分が多くなっています。

目のパルプアイはクリアーパーツ。
カチドキロックシードはクリアー製+シール再現、戦極ドライバーのライダーインジケーターはシールによる再現。

頭部の金色の塗装ですが、スーツ部分よりも薄目でより金属的な質感のある色味に。
アーマーデザインは今まででいちばん細かいですが、今回も造形に塗装精度と細かく非常に良い出来です。



オレンジ、ジンバーレモンと。

ジンバーレモンからの更なる出世っぷりが凄まじいです。



個体差なのか分かりませんが、脚の長さのバランスが滅茶苦茶で。
鎧武はいつも左脚が若干長めではあったのですが、カチドキのバランスの悪さはさすがに。
足裏をピッタリつけて立たせると、これだけ傾いてしまいます。
まぁポージングの際には別に気にならないのでいいですが。


以下、可動範囲の紹介。


首の可動。

根元がボールジョイント接続、頭部が二重ボールジョイント接続。

兜の干渉があるのは鎧武の宿命ですが、今回は胴アーマーとの干渉が一番酷く可動域が制限されています。
それ以上に辛いのが、今回は胸部側への干渉もあり下へ全くと言っていいほど動きません。



胴の可動。

胸部がボールジョイント接続+前後スイング、腰部がボールジョイント接続。

胸部アーマーがオレンジよりも長くなっているので、バックルとの干渉で前への可動域が狭いです。
あと上半身と下半身のアーマーがパイプで繋がっているので、回転がどうしても制限されてしまいます。
と言っても引っ張られるというより、その前にバックルとパイプとの干渉で止まってしまう感じ。
パイプが干渉する部分がカチドキロックシードなので、腰を回すとポロポロ外れてイライラ。
あとずっとギチギチが続いていた鎧武のベルトですが、ようやく解消されました。
ただ今度はスッカスカなので、逆にすぐずれてしまい位置が定まらず「う〜ん」と(苦笑




肩・腕の可動。

肩はボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。
肩アーマーは独立して上下スイング+ボールジョイント接続。
肩周りはスッキリしているので、ジンバーレモンからオレンジの可動域に戻りました。

肘は二重スイング。

手首はスイングジョイントでボールジョイント接続。
今回は手の穴の作りが悪く、思いっきり押し込んでやってもジョイントから外れやすい。



腰部アーマーの可動。

フロント、サイド共に上下スイング。

ライダーアーツでこの記述をするとは思いませんでした。




下半身の可動。

股関節は前後スイング+上下スイング、腿が軸回転。
腰部アーマーの干渉があり、開脚幅も腿上げもどちらも制限されてしまっています。
開脚幅はいいとしても、腿上げはポージングの際に少し困った。

膝は二重スイング。

足首は軸接続+前後スイング+左右スイング、つま先がスイング。


総評。
オレンジ、ジンバーレモンに比べると、どうしてもこのゴテゴテの重装備が可動に影響を及ぼしてしまってますね。
まぁどうしようもないほどの干渉ではないので、十分にポージングは出来ますが。



腿が上がらないので、立て膝は今までの鎧武よりも更に辛い。


以下、仕様や武装の紹介。


バックルのカッティングブレードが可動。
カチドキロックシードは着脱可能。



閉じた状態のカチドキロックシードも付属。
相変わらずこちらの出来も細かい。



カチドキ旗。

さすがに旗はプラ製です。
マークは印刷済み。

グリップ部分を差し替える事で、背中にマウント可能。
持ち手なんですが、下の・火縄大橙DJ銃の物と共通なので、カチドキ旗だとサイズが微妙に合わずユルユルです。




火縄大橙DJ銃(銃モード)

今までの鎧武シリーズ同様、これも細かい造形と塗装で良い仕上がり。
さすがにDJテーブルはただのメタリック塗装で、DJピッチのメモリ部分の塗装まではありませんが。
DJテーブルやDJピッチの可動といったギミックも当然ありません。

ドライブベイにはカチドキロックシードを取り付け可能。



火縄大橙DJ銃(大剣モード)

こちらの出来も、銃モード同様。
無双セイバーと一体化した状態で造形されており、鎧武オレンジ付属の無双セイバー同様、マーク部分はシール再現。

ドライブベイにはカチドキロックシードを取り付け可能。


以下、適当にポージング。



















カチドキだけ無頼キックを使わなかった(設定されてない?)のは、アーマーが重くて飛び蹴り出来るスペックではないという感じなんですかね。


以上、フィギュアーツのカチドキのレビューでした。

鎧武の2段階目の強化形態カチドキアームズ。
ここに至るまで高クオリティ続きの鎧武シリーズでしたが、今回もバッチリの出来栄え。
造形面は非常に素晴らしいです。
ただ可動面は、デザインの分どうしても制限が強くなってしまいましたが。
付属品はカチドキ旗に、2形態の火縄大橙DJ銃と必要な物は揃っており十分。
可動面や外れやすい部分と若干遊びにくい点もありますが、満足のできるカチドキでした。


ブログ記事元へ(別窓)
TOPページへ(別窓)